独自事業

当センターでは、独自事業として「花苗の栽培・販売」を行っております。平成18年度から、独自事業の調査研究事業として着手し、栽培のノウハウを学んでから、正式に独自事業として実施しております。

お花を作っています。

 例年、2月の中旬から下旬にかけ、花の種を蒔き始め、3月から4月にかけ9Cmのポリポットに上げます。

 その後は、ハウス内の温度管理・防除・施肥・水やりなどの作業を独自事業班の会員さんが手分けして行い管理してくれます。

作業風景hana-01hana-02

 花の種類は、マリーゴールド、サルビア、ペチュニア、ベゴニアが主力商品です。その他にも過去には、ケイトウ、パンジー、ビオラ、金魚草、その他の品種も試験栽培しましたが、栽培のし易さや販売実績を検討し、現在の品種に落ち着いております。


hana-03hana-04hana-05

 過去には、様々な失敗も経験しました。5月の連休に吹雪となり、花苗が凍ってしまったり、かと思えば、時季外れの高温で苗が大量に枯れたこともありました。また、細菌や害虫で苗が傷んでしまったこともありました。
それでも、5月中旬以降には花が咲き始め、ハウスの中が様々な花色に見事に彩られると、会員さん達も苦労を忘れほっと心が和みます。

 5月下旬から6月下旬まで、大口予約先への納品作業になり、そのほかにも市内の事業所や施設にも花苗を購入して頂いています。

 7月上旬には、販売も終了し、来年のための資材の整理等を行い、忙しかった数か月が終了します。